Work environment

看護部紹介

「患者さん」を主語とした
思いやりの心

看護部長あいさつ

NTT東日本札幌病院は、地域中核病院として「患者さんとの信頼関係を大切にし、地域に密着したより良い医療を行います」という病院理念のもと、他職種が協働してチーム医療に取り組んでいます。働く職員がお互いを尊重し、高めあうことで、患者さんやご家族に満足いただける医療、看護を提供したいと考えています。
私たち看護師は、看護を必要とする人を身体的、精神的、社会的、スピリチュアルな側面から支えるとともに、その人らしく生きられるような意思決定の支援を行うことが求められています。また、災害や感染に代表されるように、危機的な状況がいつ起こるかわからない中でも、臨機応変に効果的な対応ができることも求められています。
看護部では、「患者さんを主語に」を合言葉に、やさしく、たくましく、柔軟で、根拠にもとづく質の高い看護で患者さんやご家族に寄り添っていきたいと思います。

看護部長 坂上 真弓

NTT東日本札幌病院の看護理念

  • 看護職者一人ひとりが、NTT東日本札幌病院の代表者としての自覚を持ち、地域中核病院として地域住民の医療のニーズに応え、患者さんのQOLを尊重した質の高い看護を提供する。
  • 看護の主体業務・専門性を大切にしながら、医師や他職種とのチーム医療を効率的に推進し、病院の発展性と安定性を追求する。
  • 専門職業人として、常に質の高い看護が提供できるように自己研鑚に努める。また、「協働する仕事」を通して、一人ひとりが成長し自己実現に向かうことができる。
求める
看護師像
  • 確実で安全・安楽な看護技術を持ち、急性期医療に対応できる
  • 優しさと思いやりを持ち、前向きに創意工夫し患者さんの自立を援助できる
  • 公平・平等・柔軟な思考を持ち、自律的にチーム医療を推進できる
  • 倫理観と根拠に基づいた看護実践を行い、専門職業人として自立できる

Contact

011-623-7000
(月曜~金曜 8:30~17:00 ※祝祭日は除く)

お問い合わせ